いわのふみやの商用フリーイラスト集

このサイトに掲載したイラストは商用・非商用にかかわらず、無料でご利用できます

文学

商用フリーにがおえ「アウグスト・ケルクホフス」

オランダの言語学者。1883年に軍事科学雑誌に発表した2つの論文により、暗号技術における「ケルクホフスの原理」を提案したことで知られる。また、人工言語ヴォラピュクの普及運動に努めた。

商用フリーにがおえ「伊藤左千夫」

千葉県出身の歌人、小説家。正岡子規に師事し、のちに根岸短歌会の機関誌『馬酔木(あしび)』『アララギ』の創刊に関わることで、歌壇に近代的万葉調歌風を確立する。1906年に小説『野菊の墓』を出版する。門下に斎藤茂吉、島木赤彦などがいる。

商用フリーにがおえ「アントン・チェーホフ」

ロシアの小説家、劇作家。ユーモア短編の名手として活躍した。主な作品に『六号室』『サハリン島』『退屈な話』『可愛い女』など。また、チェーホフの四大戯曲とされる『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』はいずれも有名。

商用フリーにがおえ「上田敏」

東京都生まれの詩人、翻訳家。1905年に刊行した訳詩集『海潮音』は、その後の日本の近代詩、特に象徴主義の導入において大きな影響を与えた。

商用フリーにがおえ「パーシー・シェリー」

「パーシー・シェリー」のにがおえ パーシー・シェリーPercy Bysshe Shelley(1792/08/04 - 1822/07/08) イギリスの詩人。19世紀のロマン派を代表する存在。オックスフォード大学在学中に『無神論の必要性』を出版し大学を追放される。1812年にアナーキストの…

商用フリーにがおえ「ギー・ド・モーパッサン」

フランスの小説家。フローベールに師事し、自らも従軍した普仏戦争を題材にした短編『脂肪の塊』えお1880年に発表するとたちまち脚光を浴び、「自然主義」の代表的な作家となる。ほかの代表作に『女の一生』『ベラミ』など。