いわのふみやの商用フリーイラスト集

このサイトに掲載したイラストは商用・非商用にかかわらず、無料でご利用できます

商用フリーにがおえ「ヘンリー・モーズリー」

イギリスの物理学者。1913年に、特性X線の波長の逆数の平方根が原子核の電荷(原子番号)と直線関係にあるという「モーズリーの法則」を発見した。これにより、周期表の未発見の元素を予測することが可能になった。第一次世界大戦ではガリポリの戦いに通信担…

商用フリーにがおえ「アウグスト・ケルクホフス」

オランダの言語学者。1883年に軍事科学雑誌に発表した2つの論文により、暗号技術における「ケルクホフスの原理」を提案したことで知られる。また、人工言語ヴォラピュクの普及運動に努めた。

商用フリーにがおえ「フランツ・ルーロー」

ドイツの機械工学者。シャルロッテンブルク工科大学(現・ベルリン工科大学)の学長を務め、「運動学の父」と称される。正三角形の各辺を曲線状に膨らませた定幅曲線「ルーローの三角形」にその名を残している。

商用フリーにがおえ「フランツ・エッケルト」

ドイツの作曲家。1879年の27歳のときに音楽教師として来日。翌年、『君が代』に伴奏、和声をつけた。1897年には英照皇太后の大喪の礼のために『哀の極』(かなしみのきわみ)を作曲した。日本を離れた後は、朝鮮半島の李王朝でも音楽教師を務めている。

商用フリーにがおえ「フリードリヒ・エンゲルス」

ドイツの経済学者。親友であるカルル・マルクスとともに「科学的社会主義」(マルクス主義)を創始した。『ドイツ-イデオロギー』『共産党宣言』をマルクスと共同執筆し、マルクスの死後は遺構を整理して『資本論』の第2,3巻を刊行した。著書に『イギリス…

商用フリーにがおえ「エティエンヌ・ラスパイレス」

ドイツの経済学者。1864年に加重平均によって算出される物価指数である「ラスパイレス指数」を提唱した。

商用フリーにがおえ「伊藤左千夫」

千葉県出身の歌人、小説家。正岡子規に師事し、のちに根岸短歌会の機関誌『馬酔木(あしび)』『アララギ』の創刊に関わることで、歌壇に近代的万葉調歌風を確立する。1906年に小説『野菊の墓』を出版する。門下に斎藤茂吉、島木赤彦などがいる。

商用フリーにがおえ「ヤン・プルキンエ」

チェコの医学者。1825年に「暗いところでは赤色よりも青色のほうが強く感じる」というプルキンエ現象を発見した。これは一級建築士試験の学科でよく出題される。また、論文の中で初めて指紋による分類を行っている。

商用フリーにがおえ「エミール・コッハー」

スイスの医師。1909年に「甲状腺の生理学・病理学および外科学に関する研究」によってノーベル医学・生理学賞を受賞する。肩関節脱臼を戻す「コッヘル法」は現在でも用いられている。最初期の人工肛門手術にも成功している。また、手術に用いるコッヘル鉗子…

商用フリーにがおえ「デメトリウス・ビケラス」

ギリシャの経営者。17歳の時にロンドンに渡って叔父の会社に入社し、のちに共同経営者となる。IOC(国際オリンピック委員会)の初代会長を、1894年から1896年まで務めた。

商用フリーイラスト「ヴォルムス大聖堂」

東西両端にアプスを対置させた二重内陣、三廊式のバシリカで、東西の内陣と交差部とに塔を持つロマネスク建築の教会。

商用フリーにがおえ「アントン・チェーホフ」

ロシアの小説家、劇作家。ユーモア短編の名手として活躍した。主な作品に『六号室』『サハリン島』『退屈な話』『可愛い女』など。また、チェーホフの四大戯曲とされる『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』はいずれも有名。

商用フリーにがおえ「オクタヴ・ラピーズ」

フランスの自転車レーサー。1908年のロンドンオリンピックで、トラックレースの100kmレースに出場し銅メダルを獲得する。その後プロに転向し、1910年のツール・ド・フランスでは総合優勝を果たす。また、1910~12年にかけて、パリ〜ルーベを3連覇する。

商用フリーイラスト「富山県出身者の採用を拒否する会長」

「富山県出身者の採用を拒否する会長」のイラスト

商用フリーにがおえ「フリードリヒ・アウグスト・ケクレ」

ドイツの化学者。1958年に炭素が4価の元素で鎖状に連結すると提唱した。1965年にはベンゼン核が正六角形の環状構造であることを解明し、有機化学構造論の基礎を築いた。「夢で見たウロボロスの蛇からベンゼン環の構造を思いついた」という逸話は有名だが、創…

商用フリーイラスト「アインシュタイン塔」

相対性理論を実測検証するために建てられた研究施設。メンデルスゾーンの処女作であり、その歪んだ造形から、ドイツ表現主義の代表的な建築物とされている。RC造だが、一部はレンガの上に漆喰を塗っている。

商用フリーにがおえ「上田敏」

東京都生まれの詩人、翻訳家。1905年に刊行した訳詩集『海潮音』は、その後の日本の近代詩、特に象徴主義の導入において大きな影響を与えた。

商用フリーにがおえ「パーシー・シェリー」

「パーシー・シェリー」のにがおえ パーシー・シェリーPercy Bysshe Shelley(1792/08/04 - 1822/07/08) イギリスの詩人。19世紀のロマン派を代表する存在。オックスフォード大学在学中に『無神論の必要性』を出版し大学を追放される。1812年にアナーキストの…

商用フリーにがおえ「ギー・ド・モーパッサン」

フランスの小説家。フローベールに師事し、自らも従軍した普仏戦争を題材にした短編『脂肪の塊』えお1880年に発表するとたちまち脚光を浴び、「自然主義」の代表的な作家となる。ほかの代表作に『女の一生』『ベラミ』など。

商用フリーにがおえ「ジョージ・ストーニー」

アイルランドの物理学者。電気分解におけるイオン帯電量を計算して電気素量の存在を主張し、「electron」(電子)という言葉を命名した。フィッツジェラルド‐ローレンツ収縮仮説に名を遺すジョージ・フィッツジェラルドは甥にあたる

商用フリーイラスト「低価格を覗き込むときに見てくる低賃金」

「低価格を覗き込むときに見てくる低賃金」のイラスト

商用フリーイラスト「EEZに着水する弾道ミサイル」のイラスト

「EZZに着水する弾道ミサイル」のイラスト

商用フリーにがおえ「テオドール・ヘルツル」

オーストリア帝国(現・ハンガリー)出身のジャーナリスト。 ユダヤ人が故郷に国を興そうというシオニズム運動の指導者のひとり。

商用フリーにがおえ「滝廉太郎」

東京都生まれの作曲家。代表曲に『花』『荒城の月』など。

商用フリーにがおえ「フィリップ・スクレーター」

イギリスの植物学者。インド洋に仮想の大陸「レムリア」が存在したという仮説を提唱した。

商用フリーにがおえ「アンリ・ラブルースト」

フランスの建築家。主な作品にサント・ジュヌヴィエーヴ図書館、フランス国立図書館など。

商用フリーイラスト「横面が妙に白い札束を持っている人」

「横面が妙に白い札束を持っている人」のイラスト スポンサードリンク ? //

商用フリーイラスト「「このハゲー」と聞こえてくるのが耐えられない薄毛の人」

「「このハゲー」と聞こえてくるのが耐えられない薄毛の人」のイラスト スポンサードリンク ? //

商用フリーにがおえ「フリッツ・シャウディン」

ドイツの微生物学者。1904年に赤痢アメーバを自分の体に感染させて発病に成功した。

商用フリーイラスト「帽子に書かれた英単語をアピールする女の人」

「帽子に書かれた英単語をアピールする女の人」のイラスト

商用フリーにがおえ「ジェームス・クラフツ」

アメリカの化学者。1877年に、シャルル・フリーデルとともにフリーデル・クラフツ反応を開発した。

商用フリーイラスト「推しメンが結婚発表して驚愕するアイドルオタク」

「推しメンが結婚発表して驚愕するアイドルオタク」のイラスト

商用フリーにがおえ「チャールズ・ボイコット」

アイルランドの官僚。1879年から起きた飢饉の際、市民からなる土地改革同盟から排斥され、のちの「ボイコット」の語源となる。 この人はボイコットされた側なので注意。

商用フリーイラスト「写真を丸く切る青い鳥」

「写真を丸く切る青い鳥」のイラスト